Make your own free website on Tripod.com


sitemap
ooooo
以下はサンプル文です。芥川龍之介「蜘蛛の糸」より引用。
 やがて御釈迦様はその池のふちに御佇(おたたず)みになって、 水の面(おもて)を蔽(おお)っている蓮の葉の間から、ふと下の容子(ようす)を御覧になりました。 この極楽の蓮池の下は、丁度地獄(じごく)の底に当って居りますから、 水晶(すいしよう)のような水を透き徹して、三途(さんず)の河や針の山の景色が、 丁度覗(のぞ)き眼鏡(めがね)を見るように、はっきりと見えるのでございます。